有償契約やライセンスの追加など、弊社よりCalsketのライセンスを発行させていただいた後に必要な各種設定の手順について解説します。

1. Calsketのライセンス割り当て

① Salesforce組織にログインし、設定画面に遷移してください

② 「クイック検索」 ボックスに「インストール済みパッケージ」と入力し、「インストール済みパッケージ」 を選択してください

③ 「インストール済みパッケージ」が表示されるため、「Calsket」の左脇の「ライセンスの管理」をクリックします

④ 「パッケージの詳細 Calsket」画面に遷移しますので、「ライセンスを付与したユーザ」セクションの「ユーザの追加」ボタンをクリックしてください

⑤ 「選択可能なユーザ」セクションでライセンスを追加したいユーザにチェックを入れ、下部の「追加」ボタンをクリックしてください

⑥ 以上で設定は終了です

2. Googleカレンダー同期機能のライセンスキー設定方法

※Googleカレンダー同期機能を利用しない場合には、本設定は不要です。

① CalsketをインストールしているSalesforce組織にログインします

②「Calsket管理」アプリケーションに移動します

③ 下図の該当箇所に弊社よりお送りしたGoogleカレンダー同期機能のライセンスキーを入力し「保存」ボタンをクリックします

④ 以上で終了です

3. 権限セットの割り当て

Calsketの利用にはユーザへの権限セットの割り当てが必要です。Calsketには利用ユーザ用の「Calsket」とCalsketのシステム管理者用の「Calsket管理」の2つの権限セットが用意されています。下記の手順に従ってCalsketを利用するのみのユーザには「Calsketユーザ」を、システム管理者の方には「Calsketユーザ」と「Calsket管理者」の両方の権限セットの割り当てを行ってください。

① Salesforce組織にログインし、設定画面に遷移してください

② 「クイック検索」 ボックスに「権限セット」と入力し、「権限セット」 を選択します

③ 割り当てる権限セットをクリックして下さい

④「割り当ての管理」ボタンをクリックしてください

⑤「割り当てを追加」ボタンをクリックしてください

⑥ 割り当てを行うユーザを選択し、「割り当て」ボタンを押してください

⑤ 以上で完了です。「完了」ボタンをクリックしてください

4. アプリケーション参照権限の付与

Calsket関連アプリケーションの参照権限の付与をプロファイル単位で行います。Calsketが提供しているアプリケーションは下記の3点です。

  • Calsket (cuhacker__cuhacker_lightning) : Lightning Experience用のCalsketアプリケーションです。CalsketおよびCalsket管理用のタブが含まれています

  • Calsket (cuhacker__cuhacker) : Salesforce Classic用のCalsketアプリケーションです。

  • Calsket管理 (cuhacker__cuhacker_admin) : Salesforce Classic用のCalsket管理者向けアプリケーションです。

※本設定はCalsketのインストール時に既に実施している場合は必要ありません。ライセンス追加のタイミングで新しいプロファイルを利用する場合に設定を行ってください。

設定手順

① Salesforceの管理画面を開きます

② クイック検索ボックスで「プロファイル」と入力し、「プロファイル」をクリックします

③ 参照権限を付与するプロファイルをクリックします

④ 編集ボタンをクリックします

⑤ 「カスタムアプリケーション設定」セクションで、参照権限を付与するアプリケーションの「参照可能」チェックボックスにチェックを入れ、「保存」ボタンをクリックします

⑥ 以上で設定完了です。必要に応じて各プロファイルに同様の設定を行ってください。

5. Googleカレンダー同期機能: 既存データの同期

既存のGoogleカレンダーのデータをSalesforceに同期したい場合に利用する機能です。

※ Googleカレンダー同期機能を利用しない場合には、本設定は不要です。

本処理は「Calsketの定期的なジョブ」を実行されたアカウントで実行してください。

※ あらかじめGoogleカレンダー同期機能を有効化してから実行してください。

※ 既存のSalesforceの行動データをGoogleカレンダーに同期することはできません。(同期機能有効化以降に作成された行動はGoogleカレンダーに同期されます。)

Googleカレンダー同期機能を有効化する場合、[Calsket管理] アプリケーションの[設定] タブを開き、[Googleカレンダー同期]セクションの[既存データの同期]で[期間]および[同期方向](以下参照)を選択し、[初期データ同期開始]をクリックします。

期間:

  • 本日

  • 1ヶ月前

  • 2ヶ月前

  • 3ヶ月前

同期方向:

  • Googleカレンダーの予定をSalesforceに

初期データ同期が完了するとメール完了した後に、完了をお知らせするメールが届きます。この際、同期されているデータに問題を感じる場合、まずは制限事項をご確認下さい。その上で問題がある場合は初期データ同期を再度実行してください。

何度実行しても同期がされない場合は別途弊社にお問い合わせください。

回答が見つかりましたか?