Cu-hacker for SalesforceからCalsketへの名称変更に伴う転送(自動)アップグレードに伴い、大半の箇所は自動的にCalsket関連の名称やロゴに変更されますが。Salesforce Classic環境のアプリケーション名とLightning Experience環境のアプリケーション名及びアプリケーションロゴは変更されません。詳しい変更内容はこちらをご覧ください。

Calsketの動作に影響はありませんが、Cu-hackerとCalsketの名称が入り混じることになりますので、是非タイミングを見て下記操作を実施していただければ幸いです。

1. アプリケーション「Cu-hacker」及び「Cu-hacker管理」(Salesforce Classic)のアプリケーション名の変更

① Salesforce組織にログインし、設定画面(Salesforce Classic)に遷移してください

② 「クイック検索」 ボックスに「アプリケーション」と入力し、「アプリケーション」 を選択してください

③ アプリケーションの一覧が表示されますので、アプリケーションの表示ラベル「Cu-hacker」の左脇の「編集」をクリックしてください

④ 「カスタムアプリケーションの編集」画面が表示されますので、「アプリケーションの表示ラベル」を「Cu-hacker」から「Calsket」に変更し、「保存」ボタンをクリックしてください

⑤ 以上で設定完了です。同様の手順でアプリケーション「Cu-hacker管理」の「アプリケーションの表示ラベル」を「Cu-hacker管理」から「Calsket管理」に変更してください

2. アプリケーション「Cu-hacker」(Lightning Experience)のアプリケーション名及びアプリケーションの画像の変更

① Salesforce組織にログインし、設定画面(Lightning Experience)に遷移してください

② 「クイック検索」 ボックスに「アプリケーションマネージャー」と入力し、「アプリケーションマネージャー」 を選択してください

③ アプリケーションの一覧が表示されますので、アプリケーションの表示ラベル「Cu-hacker」の右端の「▼」ボタンをクリックし、その後「編集」をクリックしてください

④ 「アプリケーションの詳細およびブランド設定」画面が表示されますので、「アプリケーション名」を「Cu-hacker」かあ「Calsket」に変更してください

⑤ 次に、アプリケーションの画像を変更します。下記のアイコン画像をローカルPCに保存してください

⑥ 「アプリケーションのブランド設定」セクションのCu-hackerのアイコン画像をクリックして下さい

⑦ ローカルPCに保存してあるCalsketのアイコン画像を選択します

⑧ 画像が変更されていることを確認後、「保存」ボタンをクリックしてください

⑨ 以上で完了です

回答が見つかりましたか?