Calsketには2種類のGoogleカレンダー連携機能があります。

これらの機能を使用する際の初期設定手順について説明します。

※ 本設定を行う前に、Calsketのインストール手順の「2. 権限セットの割り当て」以降の手順が正しく行われていることを確認してください。

 ※ サンドボックス環境でGoogleカレンダー同期機能を利用する場合(トライアル期間含む)はライセンスキーの設定が必要です。ライセンスキー未取得の場合は弊社までお問い合わせください。

※SalesforceのGoogleカレンダー同期機能である「Lightning Sync」など、他の同期ツールと併せてトライアルをされる場合、必ずLightning Syncや他のツールを無効にした上で本設定を行ってください。有効にしたまま本設定を行った場合、お互いの同期処理が同時に処理され、行動が無数に追加される現象が発生します。

Google Calendar APIへのリモートサイトアクセスを有効にする

Salesforce設定にて [セキュリティのコントロール] > [リモートサイトの設定]を開き、[GoogleAPI]の[編集]をクリックします。

 [有効]にチェックを入れ[保存]

※ Calsketのインストール後にリモートサイトの編集画面を開くと、「有効」にチェックが入った状態で表示されますが、上記画面上で「保存」ボタンをクリックし、保存する必要があります。ご注意下さい。

Calsket用のGoogle APIサービスアカウントを作成する

Calsket用のGoogle APIサービスアカウントを作成します。

Google Cloud Console (https://console.cloud.google.com)にGoogle Appsの特権管理者権限を持つアカウントでログインします。

ヘッダーの矢印を押し、[プロジェクトを作成]をクリックします。

適当な名称(例:「Calsket」)で新しいプロジェクトを作成します。

しばらく待つと作成が完了し、作成したプロジェクトの画面に切り替わります。

[≡] > [APIとサービス] > [ライブラリ]を開きます。 

一覧に表示されていない場合は、検索フォームに「Calendar API」と入れ絞り込み、検索結果の中から[Google Calendar API]を選択します。

[有効にする]をクリックします。

次にメニューの [≡]  >  [APIとサービス] > [認証情報]を開きます

「認証情報を作成」ボタンをクリックし、「サービスアカウントキー」を選択します。

「サービスアカウントキーの作成」画面に移動しますので、下記の情報を入力・選択して「作成」ボタンをクリックしてください

サービスアカウント:新しいサービスアカウント
サービス アカウント名: 任意(例: Calsket)
役割:Project → 編集者
キーのタイプ: JSON

JSON ファイルがダウンロードされます。JSON ファイルは後の手順で利用します

続いて、G Suite ドメイン全体の委任を有効化します。「サービスアカウントの管理」をクリックしてください。

作成したサービスアカウントの右端のメニューより、「編集」をクリックしてください。

「サービスアカウントの詳細」画面に遷移しますので、「ドメイン全体の委任の表示」をクリックし、「G Suite ドメイン全体の委任を有効にする」にチェックを入れてください

チェックを入れるとOAuth 同意画面でのプロダクト名を構成を求められますので、「同意画面のプロダクト名」に任意の名称(例:Calsket)を入力し、「保存」ボタンをクリックして下さい。


続いて、 [≡]  >  [APIとサービス] > [認証情報]を開き、[OAuth 2.0クライアントID]セクションの[クライアントID]に表示されている数字を控えておきます。

G SuiteのGoogle管理コンソールでサービスアカウントからのアクセスを許可

Google管理コンソール(https://admin.google.com)に管理者でログインし、[セキュリティ]を開きます。

[詳細設定]を開き[API クライアント アクセスを管理する]を開きます。

以下のアクセス許可設定を追加します。

作成したサービスアカウントをCalsketに設定

Salesforceで [Calsket管理] アプリケーションを選択し、[設定] タブを開きます。

[Googleカレンダー連携/同期の設定]セクションで以下のように入力し、[保存]をクリックします。

  • Googleサービスアカウントの秘密鍵
  • 上記手順でダウンロードした[<プロジェクト名>-xxxxx.json]ファイルをアップロード
  • G Suiteアカウント保存先項目名
  • G Suiteアカウント(Emailアドレス)が格納されているユーザーオブジェクトの項目のAPI 参照名を設定します。
  • G SuiteアカウントとSalesforceユーザのユーザ名(Username)が同じ場合は空欄のままにします。
  • 例えばユーザーのGoogleEmail__cというカスタム項目にGoogle Appsアカウントのメールアドレスが紐付いている場合は「GoogleEmail__c」を入力します。

以上で、Googleカレンダーと連携する準備が整いました。しかし、各連携機能はまだ無効になっています。各連携機能を利用するには機能の有効化が必要です。

Googleカレンダー連携機能を有効化

Googleカレンダー連携機能を有効化する場合、[Calsket管理] アプリケーションの[設定] タブを開き、[Googleカレンダー同期]セクションの[Googleカレンダー連携機能を有効化]で[有効にする]チェックボックスにチェックを入れ、[保存]ボタンをクリックします。

Googleカレンダー連携機能を有効化すると、CalsketにGoogleカレンダーの情報を重ねて表示することができます。

Googleカレンダー連携機能について

Googleカレンダー同期機能を有効化

Googleカレンダー同期機能を有効化する場合、[Calsket管理] アプリケーションの[設定] タブを開き、[Googleカレンダー同期]セクションの[Googleカレンダー同期機能を有効化]で[有効にする]チェックボックスにチェックを入れ、[保存]ボタンをクリックします。

Googleカレンダー同期機能を有効化すると、Salesforceのカレンダーの更新情報は即座にGoogleカレンダーに反映され、Googleカレンダーの更新情報は5分おきにSalesforceのカレンダーに反映されます。設定終了後、まずはSalesforce側にデータを追加していただき、Googleカレンダーへデータが反映されていることをご確認下さい。

※同期のタイミングについて

SalesforceからGoogleカレンダーへの同期はリアルタイムで、GoogleカレンダーからSalesforceへの同期は最低5分ごとに行われ、ご利用されるユーザー数に依存してかかる時間が変わります。1000ユーザーでは30分程度かかります。

Googleカレンダー同期機能の同期仕様及び制限事項

Googleカレンダー同期機能: 既存データの同期

 ※ あらかじめGoogleカレンダー同期機能を有効化してから実行してください。

 ※ 現状、既存のSalesforceの行動データをGoogleカレンダーに同期することはできません。(同期機能有効化以降に作成された行動はGoogleカレンダーに同期されます。)  

既存のGoogleカレンダーのデータをSalesforceに同期することができます。

Googleカレンダー同期機能を有効化する場合、[Calsket管理] アプリケーションの[設定] タブを開き、[Googleカレンダー同期]セクションの[既存データの同期]で[期間]および[同期方向](以下参照)を選択し、[初期データ同期開始]をクリックします。

期間:

  •  本日
  • 1ヶ月前
  • 2ヶ月前
  • 3ヶ月前

同期方向:

  • Googleカレンダーの予定をSalesforceに
  • Salesforceの行動をGoogleカレンダーに(本機能はまだ未リリースです。)
回答が見つかりましたか?