1.会議室/設備予約機能を無効にする

① 「Calsket」アプリケーション(Classicの場合は「Calsket管理」アプリケーション)の「Calsket設定」タブを開き、「会議室/設備」タブをクリックします。

②「会議室/設備予約機能を有効化」セクションの「有効にする」チェックを外し、「保存」ボタンをクリックします

③ 以上で設定は終了です。予定詳細画面で会議室/設備の予約ができなくなります

2.各リソースカレンダーを無効にする

会議室/設備予約機能を無効にしても、Salesforceに設定されている各リソースカレンダーが有効になっている場合、Calsketのカレンダー上にリソースカレンダーが表示されます。Calsket上にリソースカレンダーを表示されないようにするには各リソースカレンダーを無効にする必要があります。

① Salesforceの設定画面を開きます

② 画面左上のクイック検索ボックスに「リソース」と入力し、「公開 & リソースカレンダー」をクリックします

③ 無効にしたいリソースカレンダーの左側の「編集」リンクをクリックします

④ 「有効」チェックを外し、「保存」ボタンをクリックします

⑤ 必要に応じて他のリソースカレンダーも無効にしてください

回答が見つかりましたか?