カレンダーの表示や日程調整機能を、自分が使いやすいようにカスタマイズすることができます。画面右上の歯車のアイコンから、設定メニューにアクセスできます。

1. カレンダーの日付表示設定

カレンダーの週始めを月曜日、日曜日のいずれかの曜日に設定できます。この設定は 3. 土日表示 の設定で「土日を表示する」を選択している場合に有効となります。

2. 週表示の始まり

「週表示の始まりを本日にする」にチェックを入れると、カレンダーを週表示した際に、本日を先頭にして表示することも可能です。

週表示の始まりを本日にすることで「今日がいつなのか」が分かりやすくなり、今後の予定も確認しやすくなります。

3. 表示間隔

時間の表示間隔を調整します。「標準」では30分単位で行が区切られていますが、「大」にすると15分単位の区切りになり、予定の中身が確認しやすくなります。

4. 土日表示

休日が土日で、土日には仕事の予定が入らない場合は、「土日を表示しない」にしておくと、カレンダーの表示範囲が大きくなり、予定が見やすくなります。

5. [日]ビューの設定

「複数のカレンダーを並べて表示する」にチェックを入れると、カレンダーを[日]ビューで表示した際に、グループ内のメンバー/リソースのスケジュールを横並びで表示することが可能です。グループ内の各メンバー/リソースの空き状況が分かりやすくなります。

6. ワークタイム設定(日程調整の終日選択時のみ適用)

「日程調整」の機能で「一括選択」した場合に、ここで設定した始業時間〜就業時間の間で時間が選択されます。

7. 移動時間の設定(終日選択時のみ適用)

「日程調整」の機能で「終日」を選択した場合、すでに入っている予定との間に、ここで設定した時間の「空き時間」を自動で作成します。

8. スケジュール調整メッセージ定型文設定

「日程調整」の機能で、候補時間のメッセージに表示する定型文を変更することができます。

回答が見つかりましたか?