有償契約やライセンスの追加など、弊社よりMatchingMapのライセンスを発行させていただいた後に必要な各種設定の手順について解説します。

1. MatchingMapのライセンス割り当て

① Salesforce組織にログインし、設定画面に遷移してください

② 「クイック検索」 ボックスに「インストール済みパッケージ」と入力し、「インストール済みパッケージ」 を選択してください

③ 「インストール済みパッケージ」が表示されるため、「MatchingMap」の左脇の「ライセンスの管理」をクリックします

④ 「パッケージの詳細 MatchingMap」画面に遷移しますので、「ライセンスを付与したユーザ」セクションの「ユーザの追加」ボタンをクリックしてください

⑤ 「選択可能なユーザ」セクションでライセンスを追加したいユーザにチェックを入れ、下部の「追加」ボタンをクリックしてください

⑥ 以上で設定は終了です

2. 権限セットの割り当て

MatchingMapの利用にはユーザへの権限セットの割り当てが必要です。MatchingMapには以下の3つの権限セットが用意されています。

  • MatchingMap管理ユーザ:管理者用権限セット。システム管理者プロファイルを持つユーザに割り当ててください。
  • MatchingMapユーザ:利用者用権限セット。
  • MatchingMapサンプルオブジェクト利用ユーザ:サンプルの求職者/求人施設/マッチングオブジェクトを利用するための権限セット。サンプルと書いていますが、このまま本番利用していただくことも可能です。

下記の手順に従って必要なユーザに必要な権限セットの割り当てを行って下さい。

① Salesforce組織にログインし、設定画面に遷移してください

② 「クイック検索」 ボックスに「権限セット」と入力し、「権限セット」 を選択します


③ 割り当てる権限セットをクリックして下さい

④「割り当ての管理」ボタンをクリックしてください


⑤「割り当てを追加」ボタンをクリックしてください

⑥ 割り当てを行うユーザを選択し、「割り当て」ボタンを押してください

⑤ 以上で完了です。「完了」ボタンをクリックしてください

3. アプリケーション参照権限の付与

MatchingMapは管理用アプリケーション「MatchingMap」を提供します。インストールユーザのプロファイルには自動で参照権限が付与されるはずですが、付与されていない場合には以下の手順に従って付与してください。

① Salesforceの管理画面を開きます

② クイック検索ボックスで「プロファイル」と入力し、「プロファイル」をクリックします

③ 参照権限を付与するプロファイルをクリックします
④ 「編集」ボタンをクリックします

編集ボタンが表示されない場合は「割り当てられたアプリケーション」をクリックし、次の画面で「編集」ボタンをクリックします。

⑤ 「カスタムアプリケーション設定」セクションで、「MatchingMap」アプリケーションの「参照可能」チェックボックスにチェックを入れ、「保存」ボタンをクリックします

4. システム権限「APIの有効化」の付与

MatchingMapの地図では一部REST APIを使用します。利用するユーザのプロファイルのシステム権限「APIの有効化」が無効な場合、有効にする必要があります。

① Salesforceの管理画面を開きます

② クイック検索ボックスで「プロファイル」と入力し、「プロファイル」をクリックします

③ 参照権限を付与するプロファイルをクリックします
④ 「編集」ボタンをクリックします

⑤「システム権限」のセクションまでスクロースして「APIの有効化」にチェックを入れ保存します。

回答が見つかりましたか?