Calsketでは予定作成時に関連先を指定する際に表示されるオブジェクト、および画面左側に表示するリストで利用可能なオブジェクトを指定する手順について解説いたします。

❶ Salesforceの設定画面を開きます

❷ 左上の「クイック検索」に「カスタム設定」と入力し、「カスタム設定」をクリックします

❸ 「Calsketシステム設定」の左側の「Manage」をクリックします

❹ 「編集」ボタンをクリックします

❺ 「関連先オブジェクトの制限を有効化」にチェックを入れてください

❻ 「関連先で選択可能にするオブジェクト」に利用するオブジェクトのAPI参照名をカンマ区切りで入力します。

例:

取引先、商談、ケースのみ利用する場合は「Account, Opportunity, Case」と入力

❼ 「保存」ボタンをクリックしてください

❽ 以上で設定完了です。設定が反映されていることをご確認下さい。

回答が見つかりましたか?